相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 相続プロのアドバイス > これだけは知っておきたい!相続・贈与
サイトメニュー
譲る・分ける
納める
遺す
備える
トラブル
知る
学ぶ
土地の適正評価をマスターする動画セミナー

相続WEB

相続のことなら専門家にご相談ください 相続プロフェッショナルデータファイル 相続の専門家をお探しの方はこちら!

これだけは知っておきたい!相続・贈与

税理士 深代勝美 掲載日:2008年01月29日
親族間の借金と贈与税
税理士 深代勝美

今回は、自宅を新築するために親から建築資金を借り入れた場合などにおける「親子間での金銭の貸し借り」について、お答えします。

Q1.税務署は親子間での金銭の貸し借りを認めないのですか?

A.親子や兄弟などの親族間における金銭の貸し借りは、税務署から問題視されがちです。しかし、税務署は親族間の金銭の借り入れを一切認めずに「金銭の贈与」であると決め付けているわけではありません。
しかし、親子間で金銭の貸し借りをしていたつもりが、税務署から「金銭の贈与」であると指摘されて贈与税を払うことになった方も多いようです。これは親からの借り入れが、ある時払いの催促なしであったことなどから、「金銭の借り入れ」ではなく「金銭の贈与」であると判断されたためです。

Q2.親からの「金銭の借り入れ」として認められるにはどうすればよいですか?

A.「金銭の借り入れ」であれば、銀行からの借入金と同様に、まずは借用書を作成して借り入れた事実と返済条件を明確にしましょう。そして借用書の記載どおりに約束を守って実行することが大事です。借用書の記載例を示すと、次のとおりです。

借用書の記載例
1 / 2 続きは次のページへ>>
第9回 遺言書の種類と方法 (2007年12月28日)
第8回 物納・延納の改正 (2007年11月30日)
第7回 相続時精算課税制度を利用した贈与方法 (2007年10月30日)
第6回 賢い相続税対策の取り組み方 (2007年9月30日)
第5回 税務署からの「お尋ね」についての対応 (2007年8月23日)
第4回 相続した土地を売却した場合、譲渡税はどうなるか? (2007年7月31日)
第3回 申告期限までに、遺産分割がまとまらなかったら? (2007年6月26日)
第2回 申告後に、土地評価で疑問を感じたら? (2007年5月25日)
第1回 夫婦間の贈与は税金が安い (2007年4月27日)