相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 相続プロのアドバイス > これだけは知っておきたい!相続・贈与
サイトメニュー
譲る・分ける
納める
遺す
備える
トラブル
知る
学ぶ
土地の適正評価をマスターする動画セミナー

相続WEB

相続のことなら専門家にご相談ください 相続プロフェッショナルデータファイル 相続の専門家をお探しの方はこちら!

これだけは知っておきたい!相続・贈与

税理士 深代勝美 掲載日:2016年9月30日
遺留分を少なくする対策
  税理士 深代勝美

遺留分は、法定相続人が財産を相続する際の最低限の権利のことで、民法により守られていますが、これから遺言書を作成しようとする方が望む相続財産の分け方が、この遺留分を侵害している内容の場合もあります。遺留分を侵害した遺言書も、遺言書としては有効ですが、遺留分減殺請求権を行使された場合には、遺留分相当は渡さなければなりません。
ここでは、その遺留分を減らす方法としてどの様なことが考えられるかをご説明します。

1.養子縁組による方法

遺留分は被相続人との関係性によってその割合が定められております。例えば遺言者の相続人が2人の子供だけとなる場合、遺留分は法定相続分の半分ですので、法定相続分である1/2×1/2=1/4が、長男と次男それぞれの遺留分となります。もし遺言者が長男に全財産を相続させると遺言を書いても、次男が遺留分を主張すれば1/4相当を渡さなければなりません。
そこで遺言者と、長男の配偶者や子供と養子縁組をします。長男の配偶者を養子縁組した場合には、相続人は3人となりますので相続分は各1/3です。つまり次男の遺留分は1/3×1/2=1/6となり、遺留分を減らすことができます。



養子縁組は遺留分対策だけでなく、相続税対策としても有効ですので、メリットの多い対策です。
また、税法上は養子の数は、実子がいる場合には1人、実子がいない場合には2人に制限されていますが、民法上は養子の人数に制限はありませんので、遺留分対策としては、養子の人数を増やすと効果があります。
ただし、養子縁組を結ぶことにより、養子には実子と同様の相続権や遺留分の権利が発生しますから、養子縁組によって余計にいさかいが大きくなった、ということにならないよう、事前によく検討をしてから行いましょう。

2.生命保険を活用する方法

相続対策として生命保険を活用することは、遺留分対策としても有効性が高い方法です。
相続税の計算上は、生命保険金は相続財産として「法定相続人の数×500万円の非課税枠」を超えた金額に対して相続税が課税されますが、生命保険金の法的性格は、保険金受取人自身が持つ権利として取得する財産であって、相続人として取得する財産ではないのです。受取人の財産ですが、相続財産とみなして課税されるので「みなし相続財産」と呼ばれます。
例えば遺言者が長男を受取人とする1,000万円の生命保険に加入し、自分の預貯金からその保険料1,000万円を支払っておけば、相続財産から預貯金1,000万円を減らすことができます。そして相続時に支払われる生命保険金1,000万円は、遺留分算定の基礎となる財産に含まれることなく、受取人の財産として直接長男に1,000万円を渡すことができます。
また、生命保険金は、死亡後比較的すぐに受け取ることができますから、相続関係の諸経費や遺留分そのものの支払いに充てる原資とすることができ、重宝すると言えるでしょう。実務では、遺留分減殺請求の際に金融機関に対して預金解約を進めないようにストップをかける弁護士さんもいます。相続後の各種出費について、被相続人の預金を当てにしていた場合、資金繰りが厳しくなってしまいます。遺留分や相続税の対策としてだけでなく、受取人単独で手続きできる生命保険は、もしも揉めてしまった場合に大きな助けになります。
 ただし、この対策は「やりすぎ注意」と心得ましょう。過去の裁判において、遺言者の財産の大半が生命保険金により占められていたいたことから、著しく不公平と判定され、生命保険金を遺留分算定の基礎財産に含むものとされた判例もあります。

3.生前の遺留分放棄を活用する方法

生前に相続を放棄させることはできませんが、生前に遺留分の放棄をしてもらうことは可能です。生前の遺留分放棄は、家庭裁判所の許可を得ることで行うことができます。
  ただし、親が遺留分放棄を強要するなど、放棄する人が一方的に不利益となる場合は許可を得られません。家庭裁判所の許可の基準は次のようになります。

  1. 放棄が本人の自由意思に基づくものであること。
  2. 放棄の理由に合理性と必要性があること。
  3. 代償性があること(放棄前に贈与などにより特別受益がある、放棄時に引き換えに現金をもらう、など代償があること)

4.付言事項の活用

遺言書は単に財産を誰に引き継がせるかを伝えるためだけの存在ではありません。遺言書に記載したように財産を相続させるその理由や、家族に対する感謝の気持ち、争わず仲良く過ごして欲しい、などといった遺言者の思いを伝えることもできるのです。
これは、相続人の遺留分を直接的に減らす方法ではないため、遺留分対策として法的に効果のある方法ではありませんが、実際に遺言者のメッセージで納得を得ることができることもありますので、付言事項を記載することをお勧めします。

第113回 不動産経営の落とし穴〜デッドクロス〜 (2016年8月31日)
第112回 相続人以外の者に財産を渡す場合の留意点 (2016年7月31日)
第111回 名義株とは (2016年6月30日)
第110回 夫婦間の譲渡価額は相続税評価額で問題ない? (2016年5月31日)
第109回 一般社団法人を不動産所有会社とするメリット (2016年4月30日)
第108回 義父の介護を行った長男の嫁に財産を渡す場合 (2016年3月31日)
第107回 「財産債務調書」提出制度がスタート (2016年2月29日)
第106回 父親から相続した空き家を売却すると譲渡税が安く (2016年1月31日)
第105回 消費税還付の見直し(2016年度税制改正大綱) (2015年12月31日)
第104回 養子縁組前に生まれていた孫の相続における取扱い (2015年11月30日)
第103回 賃貸用建物の取得と借入金の計上行為の計算を否認 (2015年10月31日)
第102回 調査対象に選ばれやすい相続税の申告書 (2015年9月30日)
第101回 子どもが住む自宅は誰名義で建てると有利か (2015年8月31日)
第100回 公益法人に相続財産を寄附した場合の取扱い (2015年7月31日)
第99回 親名義の建物に子が資出して増築する税金の扱い (2015年6月30日)
第98回 中古マンションを使った相続対策 (2015年5月31日)
第97回 不動産特定共同事業を利用した相続対策 (2015年4月30日)
第96回 タワーマンション購入の節税対策の否認事例 (2015年3月31日)
第95回 結婚・子育て資金の一括贈与の非課税 (2015年2月28日)
第94回 小規模宅地等の特例の適用面積 (2015年1月31日)
第93回 更正の請求で広大地評価は可能か (2014年12月31日)
第92回 相続発生時の青色申告等の届出について (2014年11月30日)
第91回 誰が自宅の小規模宅地の評価減を受けるべきか (2014年10月31日)
第90回 遺言書に感謝の思いを付言事項として遺す (2014年9月30日)
第89回 二世帯住宅の居住用の小規模宅地等の特例 (2014年8月31日)
第88回 事業用定期借地権のおよぶ範囲 (2014年7月31日)
第87回 共同住宅の付属駐車場の貸家建付地評価 (2014年6月30日)
第86回 遺言書の活用方法 (2014年5月31日)
第85回 賃料の帰属先は遺産分割協議書に記載できる (2014年4月30日)
第84回 金融資産6,500万円を無税で贈与するスキーム (2014年3月31日)
第83回 小規模宅地の課税価格の計算の特例 (2014年2月28日)
第82回 相続税の取得費加算制度の見直し (2014年1月31日)
第81回 『国外財産調書』の提出制度について (2013年12月30日)
第80回 海外財産の相続税の評価は (2013年11月30日)
第79回 信託を活用した節税スキーム (2013年10月31日)
第78回 不動産管理会社の税務調査のポイント (2013年9月30日)
第77回 賢い物納利用 (2013年8月31日)
第76回 教育資金の一括贈与の非課税について (2013年7月31日)
第75回 管理会社に売却しても相続税を増やさない方法 (2013年6月28日)
第74回 ゴルフ会員権・リゾートクラブ会員権の評価 (2013年5月31日)
第73回 相続税の税務調査の事前対処方法 (2013年4月30日)
第72回 2013年度小規模宅地等の特例の改正 (2013年3月26日)
第71回 教育資金の一括贈与の非課税について (2013年2月26日)
第70回 書面添付制度のメリット拡大 (2013年1月31日)
第69回 信託を利用した生前贈与 (2012年12月26日)
第68回 庭内神し(ていないしんし)の新たな取扱い (2012年11月30日)
第67回 相続発生後の不動産管理会社の見直し (2012年10月31日)
第66回 賃貸住宅の消費税と増税対策のポイント (2012年9月30日)
第65回 相続税更正の請求が改正 (2012年8月30日)
第64回 二次相続税対策について考える (2012年7月31日)
第63回 相続人が複数いる場合の消費税の判定 (2012年6月29日)
第62回 死因贈与契約による遺産承継 (2012年5月31日)
第61回 賃貸住宅を建築した場合の固定資産税 (2012年4月30日)
第60回 不動産管理会社を活用した節税 (2012年3月30日)
第59回 不動産所得の確定申告 (2012年2月28日)
第58回 2012年度税制改正大綱について (2012年1月31日)
第57回 貸店舗を建設した際、協力金の税務上の扱い (2011年12月28日)
第56回 居住形態と小規模宅地の特例の適用 (2011年11月28日)
第55回 相続税の取得費加算を有効に使う (2011年10月31日)
第54回 同族会社への貸付金がある場合の相続税対策(下) (2011年9月30日)
第53回 同族会社への貸付金がある場合の相続税対策(上) (2011年8月31日)
第52回 サービス付き高齢者住宅供給促進税制について (2011年7月29日)
第51回 成年後見制度と相続対策 (2011年6月30日)
第50回 小規模企業共済を利用した節税対策 (2011年5月30日)
第49回 相続時精算課税制度の活用方法 (2011年4月28日)
第48回 税制改正で生前贈与がより重要に (2011年3月31日)
第47回 2011年度税制改正に対応した相続税対策 (2011年2月28日)
第46回 子と孫への贈与に優遇税率が新設される (2011年1月31日)
第45回 2011年度税制改正 (2010年12月29日)
第44回 法定相続分の譲渡 (2010年11月30日)
第43回 不動産管理会社は管理から所有に (2010年10月29日)
第42回 不動産管理会社を利用した相続対策 (2010年9月30日)
第41回 2010年度の消費税改正について (2010年8月31日)
第40回 相続があった場合には消費税の申告 (2010年7月30日)
第39回 遺産分割と相続税の申告 (2010年6月30日)
第38回 賃貸マンション新築中に相続が発生した場合の評価 (2010年5月24日)
第37回 延納利子税・納税借入金の利息を経費にする! (2010年4月30日)
第36回 小規模宅地等の特例の改正 (2010年3月31日)
第35回 信託を利用した遺言の方法 (2010年2月28日)
第34回 住宅取得等資金の贈与の改正案について (2010年1月31日)
第33回 定期金の相続税評価と改正 (2009年12月31日)
第32回 相続放棄の申述と相続税の基礎控除 (2009年11月30日)
第31回 遺留分の減殺請求はどのようにするのか (2009年10月30日)
第30回 遺留分の減殺請求をどのように解決したら良いか (2009年9月30日)
第29回 相続税の延納とは? (2009年8月31日)
第28回 住宅取得等資金の贈与「500万円非課税制度」 (2009年7月31日)
第27回 相続税法における養子の取り扱いとは? (2009年6月30日)
第26回 相続税の税務調査のポイント (2009年5月29日)
第25回 生命保険はどのように課税されるか (2009年4月30日)
第24回 遺留分ってどんな制度 (2009年3月31日)
第23回 生前贈与する場合、いくら贈与するのが有利か (2009年2月28日)
第22回 銀行の取引停止〜本人名義の預金が凍結される〜 (2009年1月30日)
第21回 非上場株式等に係る相続税の納税猶予 (2008年12月30日)
第20回 新課税方式で相続税対策はどうかわるか (2008年11月28日)
第19回 遺言と異なる遺産分割の可能性 (2008年10月31日)
第18回 債務(借入金)の相続とは? (2008年9月30日)
第17回 農地等を相続した時の納税猶予 (2008年8月31日)
第16回 建物の利用状況で、土地の相続税評価額が変わる。 (2008年7月28日)
第15回 相続税は親子別居していると高くなる? (2008年6月30日)
第14回 遺言の必要性 (2008年5月30日)
第13回 相続税の調査のポイント (2008年4月28日)
第12回 相続税の課税方式が変更になる? (2008年3月28日)
第11回 広大地評価が利用できると、相続税が安くなる (2008年2月27日)
第10回 親族間の借金と贈与税 (2008年1月29日)
第9回 遺言書の種類と方法 (2007年12月28日)
第8回 物納・延納の改正 (2007年11月30日)
第7回 相続時精算課税制度を利用した贈与方法 (2007年10月30日)
第6回 賢い相続税対策の取り組み方 (2007年9月30日)
第5回 税務署からの「お尋ね」についての対応 (2007年8月23日)
第4回 相続した土地を売却した場合、譲渡税はどうなるか? (2007年7月31日)
第3回 申告期限までに、遺産分割がまとまらなかったら? (2007年6月26日)
第2回 申告後に、土地評価で疑問を感じたら? (2007年5月25日)
第1回 夫婦間の贈与は税金が安い (2007年4月27日)