相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 譲る・分ける(相続手続)
サイトメニュー
譲る・分ける
納める
遺す
備える
トラブル
知る
学ぶ
土地の適正評価をマスターする動画セミナー

相続WEB

相続のことなら専門家にご相談ください 相続プロフェッショナルデータファイル 相続の専門家をお探しの方はこちら!

相続手続

相続開始(被相続人の死亡)

 相続は、被相続人が亡くなった瞬間、「被相続人の死亡した時間」「死亡時の住所」において開始されます。 この時点で財産も債務も一切合切の権利や義務を相続人は背負うことになります。

死亡届の提出

 死亡の届出は、届出義務者が死亡の事実を知った日から7日以内、国外の場合は亡くなった事実を知った日から3ヶ月以内に死亡届、埋葬(火葬)許可証交付申請書を役所に提出し、埋葬(火葬)許可証をもらいます(日本在留外国人も同様)。届出は365日24時間受け付けており、死亡者の本籍地または届出人の所在地、死亡地で行います。
 葬儀の手続きは葬儀社が決まっていたり、病院からの手配で行う場合は良いのですが、ご自身で手配されるときは、亡くなった方の氏名/病院名/移送先(自宅・斎場)/電話番号/連絡者の氏名/続柄を伝える必要があります。 遺体を搬送する寝台車は指定免許が無いと行えません。
 死亡診断書については、本籍地と現住所が異なる場合は2通必要な場合もあります。