相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 譲る・分ける(相続方法)
サイトメニュー
譲る・分ける
納める
遺す
備える
トラブル
知る
学ぶ
土地の適正評価をマスターする動画セミナー

相続WEB

相続のことなら専門家にご相談ください 相続プロフェッショナルデータファイル 相続の専門家をお探しの方はこちら!

相続方法

 相続の方法には幾つか種類があります。
 通常行われる単純承認は、プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継ぐものです。相続放棄と限定承認と違い、単純承認は特別の手続が不要で、3ヶ月の期間内に相続放棄も限定承認もしなかったときに、自動的に決定するものです。

相続放棄

 被相続人の財産を放棄し一切の財産を相続しない方法です。
 つまりプラスの財産もマイナスの財産もまったく相続しないというものです。相続人が被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、認められれば相続人ではなくなります。つまり家庭裁判所で相続放棄の申立が受理されると、その相続人は初めから相続人ではなかったことになります。ゆえに、その子や孫への代襲相続もありません。
 よくある話ですが、生前には相続放棄すると約束しておきながら、亡くなったとたんに相続権を主張すると言うことがあります。相続放棄は、相続開始後に一定の手続きをした場合に効力を生ずるものなので、相続開始前に相続人の間で放棄するという約束をしていても無効になります。第1順位の相続人が相続を放棄した場合、第2順位、第3順位へと相続人が代わりますので、場合によっては相続人全てが相続放棄をすることも考えておく必要があります。

限定承認

 相続で得た財産の範囲内で借金を返済するという条件で相続を承認する方法です。
 財産を清算し、借金の方が多い場合でも、不足分を支払う必要はありません。借金を返済し財産の方が多ければ、差し引いた財産については取得することができます。限定承認の手続は、相続開始を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して行います。
 限定承認はメリットは多いのですが、手続きと時間が掛かり、法定相続人が複数いる場合には必ず全員で手続をしなければならないということもある為、限定承認を行う人は少ないようです。

相続分の放棄(共有持分権の放棄)

 相続人が単純相続した後に遺産を取得しないことを一般的に相続分の放棄といいます。この相続分の放棄は、相続人としての地位は失いませんので、相続放棄と違いマイナスの財産は引き継ぐことになります。

再転相続

 相続人が相続を承認、放棄しないで死亡したときは、その人の相続人が前相続人の承認・放棄の権利を承継します。