相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 学ぶ(相続用語) > 用語(年金)

年金

 被相続人が亡くなった際に加入している年金の種類により受け取れるものが異なります。

国民年金

 国民年金に加入していた場合は「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれか一つが支給されます。複数当てはまる場合には、どれが有利になるか役所の担当者と相談して手続きをおこなってください。請求期限は、加入者が亡くなられてから5年以内です。

<遺族基礎年金>

 故人の扶養家族に支給される定額年金。故人が年金を25年以上納めていた場合または、国民年金に加入中で納付期限の2/3以上の年金を納めていることが条件です。

<寡婦年金>

 定率の年金。婚姻期間が10年以上の妻に60才から65才まで5年間支給されます。但し老齢基礎年金の受給資格を満たしていた夫が年金を受けることなく亡くなった場合に限られます。

<死亡一時金>

 故人が国民年金に3年以上加入している場合に、保険料を納めた年数に応じて遺族に支給されます。

厚生年金

 故人が厚生年金に加入していた場合、故人の扶養家族に遺族厚生年金が支給されます。故人が在職中の場合は、勤務先の担当の方に社会保険事務所への手続きを依頼します。故人が退職していた場合は、所轄の社会保険所で手続きをおこないます。
 手続きに必要なものは、故人の厚生年金手帳または被保険者証、印鑑、戸籍謄本、住民票(世帯全員)、死亡診断書、所得証明書です。請求期限は、加入者の死亡から5年以内です。

共済年金

 故人が、公務員、教員などの共済年金に加入していた場合は、遺族に遺族共済金が支払われます。故人の勤務先で、手続きを依頼してください。
 手続きに必要なものは、故人の厚生年金手帳または被保険者証、印鑑、戸籍謄本、住民票(世帯全員)、死亡診断書、所得証明書です。請求期限は、加入者の死亡から5年以内です。