相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 学ぶ(相続用語) > 用語(葬祭費)

葬祭費(埋葬料)

 葬儀をした人は、健康保険から費用の補助として葬祭費(埋葬料)を受け取ることができます。申告制なので、手続きを忘れずに行ってください。期限は国民健康保険、社会健康保険ともに、加入者が亡くなった日から2年以内に申請しなければなりません。
国民健康保険の場合 ・葬祭費(葬祭料)で申請をします。支給額と支払い方法他は、市町村条例により異なります。
・市町村役所「国民健康保険課」に申請します。
・故人の保険証と、申請者の印鑑が必要です。
社会保険の場合 ・埋葬料(埋葬費)で申請をします。支払額は、故人の給与の1カ月分の標準報酬月額(最低10万円・最高98万円)
・勤務先、または所轄の社会保険事務所に申請します。
・勤務先事業主による証明と死亡を証明する書類(死亡診断書または埋葬許可証)が必要です。
・故人の保険証と、申請者の印鑑が必要です。
・加入者の扶養家族が亡くなった場合、家族埋葬料を一律10万円受け取れます。(手続きは本人と同じ)