相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 学ぶ(相続用語) > 用語(相続登記)

相続登記

 不動産の所有者が死亡すると、相続人に所有権が移転しますので、不動産の名義変更手続きが必要です。これを相続登記といいます。所有権移転登記をしないと、固定資産税は被相続人の名義でかかる上、不動産を売ることはできません。相続人に再度、相続が発生する場合は特に、登記手続きが複雑になります。

単独申請・共同申請

 相続による登記は相続人だけの単独申請が認められています。遺贈の登記は共同申請になります。

相続登記の種類

<法定相続分どおりの相続登記>
 遺産分割する前は、法定相続分の割合により遺産を共有しているので、必要があれば、法定相続分どおりの「共同相続の登記」をすることができます。共同相続人の一人が自分の持分だけを相続登記することは認められません。遺産分割後に名義を書き換えます。
<遺産分割協議による相続登記>
 遺産分割による登記は「共同相続の登記」されているかどうかかにより異なります。共同相続の登記がされている場合は、「遺産分割による持分移転登記」。共同相続の登記がされていない場合は「相続による所有権移転登記」となります。
<遺言書による相続登記、遺贈登記など>
 遺言があれば、遺言の内容にしたがって相続登記することになります。

 相続登記に必要な書類は多いので、事前に確認しておくことが重要です。なお相続登記の費用は相続による所有権移転登記の登録免許税と相続関係書類の取寄せ費用、司法書士の報酬などです。