相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 学ぶ(相続用語) > 用語(相続人)

相続人

 遺言があれば、そこに指名された人が相続人になります。遺言がない場合は、法律に基づいて相続人が決まりますこれを法定相続と呼びます。法定相続人には、配偶者相続人と血族相続人の2種類があります。血族相続人は、子、直系尊属、兄弟姉妹の順に相続人となります。

第1順位 子や孫

 子(または代襲者)がいれば、その者だけが血族として相続人になり、第2順位である直系尊属や第3順位である兄弟姉妹は相続人にはなれません。子には、胎児や養子、非嫡出子(内縁関係に生まれ、認知された子)も含みます。胎児については、すでに生まれている子と同様です。(胎児が出産前に死亡した時を除く)。
ただ、すでに子供が死亡している場合は孫が、孫が死亡している場合はひ孫が、死亡した子供に代わって相続人となります。また、死亡している兄弟がいる場合は、その子供が死亡した兄弟にかわって相続人となります。孫やひ孫は直接の相続人ではなく、子が死亡している場合に代襲相続人※になります。

第2順位 直系尊属

 直系尊属が数人いる場合は、被相続人に一番近い者(父母・祖父母・曽祖父母の順)だけが相続人になります。親がいないときには、祖父母、曽祖父母の順に相続人になります。

第3順位 兄弟姉妹

 被相続人に子が無いか、すでに子(孫・曾孫などすべて)が亡くなっており、本人の親(父母以上すべて)もすでに亡くなっていた場合に、本人に兄弟姉妹が生きていれば、その兄弟姉妹が相続人(第3順位)となります。この場合は「全血兄弟姉妹」「半血兄弟姉妹」を問いません。

※代襲相続

 本来血族相続として相続人になるはずだった、子や兄弟姉妹が被相続人の死亡以前に死亡していたときに、その者の子孫が代わって相続人になる制度です。代襲相続は死亡した他、相続欠格や排除により相続権を失った場合にも成り立ちます(相続放棄は不可)。兄弟姉妹については死亡等の事由が生じた場合その子に限って代襲相続ができます。(孫は不可)