相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 学ぶ(相続用語) > 用語(相続財産)

相続財産

亡くなった方の財産、権利、債務、義務のすべてになります。

■プラスになるもの

不動産(土地) 宅地、農地、貸地など
不動産(建物) 居宅、店舗など
不動産(権利) 借地権、地上権、定期借地権など
現金、預貯金、有価証券 小切手、株券、国債、社債他
保険金 生命保険金、退職手当金、生命保険契約の権利
貸付金 債権、貸付金、売掛金、手形債権・小切手など
権利 特許権、著作権など
会員権 ゴルフ会員権など
その他 貴金属、車、家財、骨董品、自社株など

■マイナスになるもの

支払債務 借入金・買掛金・手形債務・振出小切手など
税金 未払の所得税・固定資産税・住民税等
未払債務 未払費用・未払利息・未払の医療費など
その他 預かり敷金、保証金

■非課税

1. 永代供養料、香典、花輪代
2. 被相続人のみに帰属する権利など(親権や扶養料の請求権、身元保証他)
3. 墓地、霊廟、仏壇、仏具、神具、墓石
4. 国などに寄付した財産
5. 心身障害者共済制度に基づく給付金の受給権
6. 相続財産を国や自治体に寄付した場合の寄付財産
7. 生命保険金の内「500万円×法定相続人」の額まで
8. 死亡退職金の内「500万円×法定相続人」の額まで
9. 弔慰金(業務上死亡=普通給与3年分。業務外死亡=普通給与6ヶ月分)

■債務控除できないもの

1. 遺言執行のための費用・住宅ローン等の残高が、相続開始により団体信用保険金と相殺された場合
2. 生前に墓所等を買入れ、その代金が未払である場合
3. 公租公課のうち、相続人の過失によって徴収された延滞税等の付帯税