相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 学ぶ(相続用語) > 用語(遺言)

遺言

 遺言は無用な相続争いなどを防ぐために行う財産の処分行為です。
 相続の財産分与は法定相続と遺言書による「遺贈」に分かれます。遺言書があれば、法定相続に優先して、遺言書に書かれた内容にしたがって相続が行われます。

 例えば、子供のいない夫婦の場合、夫が死亡すれば、当然全財産は妻が相続するものと考えている人が案外多いようですが、民法上は、夫の親が生存していれば、妻と親が、親が生存していなければ、夫の兄弟と妻が相続することになります。後者の場合は兄弟には遺留分がありませんので、遺言さえしておけば、何の問題もなく妻が全財産を相続することができますが、遺言がないと兄弟も相続権がありますので、相続人全員で遺産分割協議書を作らなければなりません。遺言が無いばかりに残された相続人間に深刻な争いが生じたりすることがあります。